シナリオ・センターは「日本中の人にシナリオを書いてもらいたい」と思っている会社です。

シナリオセンター

HOME  >  会社概要

シナリオ・センターの会社概要

シナリオライター養成所として受講生とともに生まれた

1970年2月5日、シナリオ・センターはシナリオライター・プロデューサーの新人育成を目標に、創設者・新井一の手によって設立しました。
1972年10月1日、シナリオ・センターは受講生158名を株主に、「株式会社シナリオ・センター」として法人設立しました。
現在(2012年1月)600名以上のプロのライターが映画、テレビドラマ、小説などで活躍し、約3500名(通信教育、大阪校、横浜教室などを含む)の受講生が、シナリオ・センターで腕を磨いています。

日本中のみんなが今よりずっと居心地のいい場所で過ごせるように

2010年、新井一のシナリオ・センター創設の理念『一億総シナリオライター化』を推し進めるため、『一億人のシナリオ。』プロジェクトを開始しました。
日本中の人の想う力(想像力)、創る力(創造力)を豊かにするために、40年以上に及んで培ってきたシナリオ・センターのノウハウを、小中高校、大学などの教育機関、文化財団、企業など、「プロになりたい!シナリオを書きたい!」という方以外にも提供しています。

シナリオ・センター年表

出来事
1969年 シナリオ・センターの前身「いちの会」をシナリオ作家協会出身者15名で設立。
機関誌『ジム』(のちの『シナリオ教室』)創刊。
1970年 シナリオ・センター発足。
「シナリオ通信講座」開設。
1971年 第1回「シナリオ4週間講座」(現「シナリオ8週間講座」)開講
1972年 株式会社としてシナリオ・センター発足。名古屋教室誕生。
1973年 「第1期シナリオ制作講座」(現「シナリオ作家養成講座」)開講
1974年 月刊誌「シナリオ教室」創刊。「第1期プロデューサー養成講座」開講。
1975年 シナリオ・センター横浜教室開所。
1976年 シナリオ・センター大阪校創設。
1980年 シナリオ・センター創立10周年パーティー開催。
1984年 札幌教室で「札幌養成・春季集中講座」開講。
1986年 「福岡8週間講座」開催。『シナリオの技術』 出版。
1987年 『シナリオのQ&A』出版。 新井一所長がシナリオ作家協会より「永年勤続功労賞」受賞。
韓国版『シナリオの基礎技術』の海賊版が出版される。
1990年 シナリオ・センター創立20周年パーティー開催。
小林幸恵代表取締役に就任。
1994年 シナリオ・センター、現在の北青山に移転。
韓国シナリオ作家協会へシナリオ教育ノウハウを提供
1995年 シナリオ・センター創立25周年パーティー開催。
1996年 シナリオ・センター大阪校 創立20周年パーティー開催。
1997年 創設者・新井一が心不全のため死去。
1998年 後藤千津子教務部長が新所長に就任。
2000年 シナリオ・センター創立30周年パーティー開催。
新人を売り込む「ライターズバンク」設立。
韓国版『シナリオの基礎技術』が正式に出版される。
2001年 一般社団法人映画演劇文化協会と共催「シナリオS1グランプリ」開催。
2005年 シナリオ・センター創立35周年パーティー開催。
『目からウロコのシナリオ虎の巻』出版。
2008年 「一億人のシナリオ。」プロジェクトの先がけとして『今日からシナリオを書くという生き方』出版。
2010年 シナリオ・センター創立40周年パーティー開催。
『日本映画黄金期の影武者たち 新井一、堀江史朗、森栄晃の軌跡』出版。
「一億人のシナリオ。」発足。
公益財団法人川喜多記念映画文化財団と「子どもシナリオ教室」開催。
2011年 後藤千津子所長がシナリオ作家協会より「シナリオ功労賞」受賞。
「一億人のシナリオ。」が小学校をはじめ、高校や大学の授業で導入される。
2012年 プロで活躍する出身ライターが600名を突破。
2013年 「一億人のシナリオ。」で積水ハイムの営業担当者向け研修を実施。
「一億人のシナリオ。」での出前授業の受講者数がのべ1,000人を超える。
2014年 「一億人のシナリオ。」が「キッズデザイン大賞2014」受賞
シナリオ・センター代表著『「シナリオ力をつける本」~毎日を楽しくするイメージのチカラ~』出版。
東京ドラマアウォード2014 出身ライターが各賞受賞
 個人賞・脚本賞 『続・最後から二番目の恋』 岡田惠和(出身ライター)
 作品賞優秀賞『ごちそうさん』 森下佳子(出身ライター)
 作品優秀賞 単発『今日の日はさようなら』 橋部敦子(出身ライター)
 作品優秀賞 単発『チキンレース』 岡田惠和(出身ライター)
 作品賞 ローカル・ドラマ賞『ダルマさんが笑った。』 吉澤智子(出身ライター)

シナリオ・センター会社概要

会社名 株式会社 シナリオ・センター
設立 昭和47年10月1日
所在地 東京本校 〒107‐0061 東京都港区北青山3-15-14
℡03-3407-6936(代) Fax03-3407-6946  www.scenario.co.jp
大阪校 〒532-0011 大阪市淀川区西中島4-3-22 新大阪長谷ビル7F
℡06-6304-9524 0120-470029 Fax06-6390-1847
www.scenrio-center.com
横浜教室 横浜市技能文化会館内(月水金土のみ)
〒231-8575 横浜市中区万代町2-4-7
資本金 1000万円
代表 代表取締役社長 小林幸恵
従業員 12名
講師 43名
事業内容
  • シナリオライター・プロデューサー・ディレクター育成向け講座運営
  • 教育機関向け講座運営
  • 企業向け講座運営
  • 新規講座の企画・提案・運営
主要取引先
  • NHK、民放各社
  • 東宝、松竹、東映、日活、角川、各映画会社 他
  • 共同テレビジョン、アルタミラピクチャーズ、東北新社、各制作会社 他
  • 講談社、小学館、幻冬舎、各出版社 他
  • 東宝芸能、ホリプロ、オスカープロモーション、アミューズ、
    スターダストプロモーション、各事務所 他
  • 高知工科大学、成城大学、日本女子体育大学、各大学 他
  • 開成、慶應義塾、女子聖学院、各中等部・高等部 他
  • 港区立青山小学校、港区立麻布小学校 各小学校 他
  • 鎌倉市川喜多映画記念館、東京おもちゃ美術館 各財団、NPO 他

 

はじめの一歩は、ここから踏みだせる。

表参道シナリオ日記

20170220a
金の殿
2017.2.20
シナリオ・センター代表の小林です。春の嵐とか、気候が目まぐるしく変わって、体調管理が難しいですね。昨日、「中島みゆきリスペクトコンサート」に行きました。お客さんの層を見て、年齢が幅広いことにびっくり。...