シナリオ・センターは「日本中の人にシナリオを書いてもらいたい」と思っている会社です。

シナリオセンター

HOME  >  ディレクション力を高めたい方

ディレクション力を上げて、イメージ通りのシナリオを受け取る

優秀なディレクター・監督、プロデューサーを育成したい業界の方々へ

「映画の運命はシナリオにおいてほとんど決定されるのだ。僕はまずよいシナリオを把むことが演出術の第一歩だとさえ考えている」黒澤明監督

ホン打ちの時に、「なんか面白くないな」「ちょっと違うんだよね」「ビシッとしないな」「もう少しなんとかならない?」抽象的な言い方では、脚本家からイメージ通りの脚本は受け取れません。
脚本家の力を最大限引き出すためにも、より良い作品を創りあげるためにも、シナリオをより良くする技術を欠かすことはできません。
  
↑基礎講座・ライターズバンクについてご案内

 

 

シナリオを書き、技術をマスターしてディレクション力を上げる

シナリオを読み込むプロデューサー、ディレクター・監督には、高いディレクション力が求められます。
シナリオライターへのディレクションを的確に行う近道は、読み込む側がシナリオを書く経験を積んで、見せる技術を掴むことです。技術を掴んでしまえば、キャラクターや構成、セリフなどシナリオの何が弱いのか、どう直せば魅力的なドラマになるのかを指示することができるようになります。

ホン打ちの質を上げるためにシナリオ・センターの講座で学ぶ

ジャームス三木や内館牧子など業界で一番多い500名以上のプロのライターを誕生させているシナリオ・センターの講座を、ディレクション力を上げるために受講することができます。シナリオ・センターから講師を派遣することもできます。

シナリオ8週間講座    >>詳しくはこちら

月1回開講(開講時期は年によって異なります)
全8回・週1回 昼の部13:30~15:30・夜の部18:30~20:30(土曜のみ 朝の部10:30~12:30・昼の部・13:30~15:30・夜の部17:30~19:30)

シナリオ作家養成講座    >>詳しくはこちら

年3回開講(1月、5月、10月 開講時期は年によって異なります)
前23回・週1回 昼の部13:30~15:30・夜の部18:30~20:30(土曜のみ 朝の部10:30~12:30・昼の部・13:30~15:30・夜の部17:30~19:30)

シナリオのテクニックをチョイスした「シナリオライターをうまく使う方法」

お求めに応じて開講いたします。人数や回数などご相談ください。

いいシナリオを創りあげるための5つのテクニック

  1. 映像表現のテクニック・見せ方
  2. ドラマとは人間を描くこと
  3. キャラクターの本質と創り方
  4. 破綻しない構成
  5. 盛り上がるドラマ作り

このテクニックを学ぶことで、具体的な提案が生まれます。

シナリオを書いてわかる面白くする5つのテクニック

  1. シナリオを書くと、ドラマの構成を面白くできる
  2. シナリオを書くと、キャラクターを魅力的にできる
  3. シナリオを書くと、無駄なセリフを削れる
  4. シナリオを書くと、映像的な発想が冴える
  5. シナリオを書くと、人間を描く意味がみえる

シナリオライターとコミュニケーションを上手くとって今以上に魅力的なドラマつくりを。
お問合せ、お申込はお気軽にシナリオ・センターまで、お電話にてお問合せください。

 

はじめの一歩は、ここから踏みだせる。

 

教えて、センパイ!

DSC05599
シナリオライター志望の皆さん、2017年はシナリオの年になりそうな予感ですよ!
2017.3.23
シナリオ・センター47周年目の2017年。47(シナ)リオの年と銘打って、やりたいこと…それは、受講生の皆さんに、とにかく面白いシーンを書けるようになってもらいたいということ、業界全体でシナリオから見...