シナリオ・センターは「日本中の人にシナリオを書いてもらいたい」と思っている会社です。

シナリオセンター

HOME  >  やる気のツボ。

2017.1.13

シーンをどう魅力的に?映画『サバイバルファミリー』公開記念。2/20(月)矢口監督に問う!

シナリオ・センターPresents「Theミソ帳倶楽部」では、第一線で活躍するゲストをお招きして、皆さんが脚本や小説を書く引き出し=ミソ帳を増やすための公開講座です。今回は、2017年2月11日(土)に公開される映画『サバイバルファミリー』の公開を記念して、『ウォーターボーイズ』『ロボジー』等の監督である矢口史靖監督をお招きします。

「『これって面白いじゃん』ってワクワクしちゃうと止まらない。そんな風に書いて一発でうまくいくわけはないけれど(笑)、とにかくエンドマークまで突っ走る。途中で手を止めてしまうと、熱が冷めちゃうので」

2012年1月24日「Theミソ帳倶楽部~矢口監督の根っこ~」より

「サバイバルファミリー」メイン

『サバイバルファミリー』©2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ

 

 

矢口監督は、シーンをどう考え、作っていくのか?

自らオリジナル脚本を書き、監督をする矢口監督の最新作『サバイバルファミリー』は、ある日突然「電気」がなくなってしまったら?という異色かつハード!な内容を、小日向文世さん、深津絵里さんらが演じます。

「電気」がなくなってしまった世界。あなたならどんなシナリオを描きますか?

矢口監督が『サバイバルファミリー』で、どう描いたのか、ティーチインでは語らないシナリオ・センターだからこその濃いお話を伺います。毎回そうですが、シナリオ・センターでしか聞けません!!

 20170113b

 

さらに、矢口監督が考えるエンタテイメントとは?矢口監督作品に欠かせない魅力的なキャラクターの作り方とは?魅力的なシーンの作り方とは…など前半は、矢口監督の根っこへ迫ります。後半は、みなさんの質問にお答えいただきます。
脚本家志望の方も、矢口監督ファンの方も、ドシドシお越しください。

特別鑑賞券セットでお得な公開講座です!作品を観てから参加するとより有益です。

講座名

Theミソ帳倶楽部~矢口史靖監督の根っこ~

ゲスト

矢口史靖(映画監督)
『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ロボジー』等

日時

2017/2/20(月) 19:00~20:30 (会場18:30~)

料金

3,000円(劇場鑑賞券付)
※劇場鑑賞券はお申込完了後、事務局でのお渡しになります。
※「ナール」ご利用の場合は、別途1,000円必要になります。

定員80名 定員になり次第、キャンセル待ちになります
場所シナリオ・センター(地下鉄「表参道」下車徒歩5分)
アクセスはこちらからご確認ください。
申込

シナリオ・センター事務局まで (03-3407-6936 )
フォームでのお申込はこちらから

※お支払い頂き、お申込完了となります。メールにお振込先をご連絡させて頂きます。
2月10日までにご入金の完了をお願いします。ご入金が完了されていない場合はご予約取消しとなります。
※お申込み完了後の返金はできかねます。ご了承ください。

サブ3

『サバイバルファミリー』©2017フジテレビジョン 東宝 電通 アルタミラピクチャーズ

■シナリオ・センターPresents「Theミソ帳倶楽部」とは…

第一線で活躍するゲストをお招きします。皆さんの引き出し=ミソ帳を増やすための公開講座です。達人の根っこを知ることで、シナリオライター・脚本家、小説家としてのみなさんの根っこが太くなります!

■シナリオ・センターとは… http://www.scenario.co.jp/

シナリオ・センターは、1970年の創立以来、ジェームス三木、内館牧子、柏原寛司、岡田惠和、清水有生、西荻弓絵、山本むつみ、森下佳子、小林靖子、前川 淳、広田光毅、土橋章宏などの脚本家、鈴木光司、原田ひ香、柚木麻子などの小説家、林海象、五十嵐匠などの監督など600名以上の出身ライターを誕生させているシナリオライター養成学校です。

シナリオの基礎を学ぶことができる講座も開催しています。興味のある方は、シナリオ・センター公式サイトをご覧ください。


関連記事

はじめの一歩は、ここから踏み出せる。

やる気のツボ。

「Theミソ帳倶楽部」の内容やゲスト紹介、月刊「シナリオ教室」の注目記事、あなたのシナリオ上達に役立つ書籍についてなど、あなたのやる気のツボを刺激します。

NEWS

2017年1月
« 12月  
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031 

アーカイブ