シナリオ・センターは「日本中の人にシナリオを書いてもらいたい」と思っている会社です。

シナリオセンター

HOME  >  シナリオ作家養成講座

「129期シナリオ作家養成講座」は木曜日開講です。2月16日まで入学可能です。補講もあります。映画やドラマのシナリオはもちろん、小説志望の方にもおススメ!お気軽に案内請求をどうぞ。

ドラマ作りの全てが学べる、全23回・6か月に渡る講義

 

一年の半分で、一生ものの表現技術が身につきます。

シナリオ作家養成講座では、ドラマを作るための設計図と呼ばれるシナリオの技術を半年間で学びます。
600名以上の出身脚本家、小説家が学んだ「シナリオの基礎技術」(新井一・ダヴィッド社)のエッセンスを、週一回のペースでじっくりと学ぶことができます。
内館牧子さん、岡田惠和さん(『ちゅらさん』『最後から二番目の恋』他)、森下佳子さん(『JIN-仁-』『ごちそうさん』他)など多くの脚本家、鈴木光司さん(『リング』『らせん』他)などの小説家、アニメシナリオライター、漫画原作者が一生ものの表現技術を身につけたのがシナリオ作家養成講座です。

初めてシナリオの勉強をする方、プロ志望の方、さらに力を伸ばしたい方、あなたが変わる半年間です。

⇒基礎講座を受講してきた出身ライターの活躍はこちらから

 

130期シナリオ作家養成講座 要項

期間

2017/5/13~10/21 [休:9/23] 毎週土曜日
全23回・週1回・添削20回

時間朝の部 10:30~12:30
昼の部 13:30~15:30
定員各60名
会場シナリオ・センター(地下鉄「表参道」下車徒歩5分) アクセスはこちらから
受講料

入学金 5,000円 授業料 90,000円 (全期・教材費・税込)
※受講料の割引特典、分割支払い方法については本ページ下段参照。

お申込・お電話にて、来所にて、ご希望の日時をお伝え下さい。(03-3407-6936)
・フォームでのお申込みはこちらから
お支払

案内請求をして頂き、要項に記載された銀行口座、郵便振替にてお支払ください。
開講間近の場合は事務局で現金にてお支払ください

説明会

無料説明会への参加をご希望の方は、こちらから

体験

シナリオ・ワークショップにご参加を希望の方は、こちらから

 
はじめの一歩は、ここから踏みだせる。

目からうろこの講義と添削を、初心者にも経験者にも。

シナリオ作家養成講座では、業界一プロのライターを生み出してきた体系化された講義、20本の宿題(シナリオ)、的確な添削があなたの頭と腕にプロの技術を定着させていきます。初心者でも経験者でも、様々なジャンルで活躍できる表現技術が身につきます。

 

シナリオ作家養成講座の講義は、半年間同じ講師が担当します。講師個人の体験談ではなく、多くの出身ライターを生み出してきた現場に即した表現技術を週1回2時間の講義で学びます。
シナリオ形式での原稿の書き方、魅力的な登場人物の作り方、構成の立て方、セリフの技術、ト書の技術など、魅力的なドラマづくりに欠かせない表現技術を初心者からわかりやすく学べます。

 

さらにシナリオ作家養成講座では、毎週の講義内容に即したシナリオの宿題が出ます。宿題を書くことで学んだ技術が、原稿を書くあなたの腕に定着します。半年間で20本の宿題を書こうとアイデアを探すことで、作家の目が生まれます。
宿題には原稿用紙にびっしりと添削をして返却します。プロの目で宿題を添削するので、客観的に力がついているかどうか確認できます。

 

案内書で詳しいカリキュラム内容を確認してください。

 

 

映画、テレビドラマ、それ以外のすべてに。シナリオの基礎技術。

シナリオの基礎技術が身につくことで、映画、テレビドラマはもちろん、小説、短編小説、演劇、オーディオドラマ、アニメシナリオ、漫画原作、ゲームシナリオ、ソーシャルゲームシナリオなど、すべてがあなたに用意されている活躍の場になります。
小説で活躍する赤川次郎さん、乃南アサさん、鈴木光司さん、戦隊ものの小林靖子さん、短編小説「99の涙」シリーズやTVアニメ「ルパン」シリーズや「コナン」シリーズ、「サザエさん」「ちびまる子ちゃん」のアニメシナリオなど、先輩ライターの活躍にジャンルの垣根はありません。

デビューへの窓口となる「ライターズバンク」があなたの場をさらに広げます。
「ライターズバンク」の詳細はこちらから

 

20140327b

シナリオ作家養成講座を修了されると修了の認定証をお渡しいたします。

 

講座に向けて「シナリオ・ワークショップ」でシナリオ体験

シナリオ・ワークショップでは、講座を受講する前に、シナリオってどうやって書くのか、講座ではどんな風に学べるのかを体験できます。開講前に実施していますので、雰囲気を体験したい方におすすめです。
「シナリオ・ワークショップ」については、詳しくはこちらからご確認ください。

 

 

 

講座担当制(チューター制)で、初めての方でも安心。

講座には、担当のチューターがつきます。欠席された回の宿題を書くためのポイント・ヒントを、チューターがフォローします。6ヶ月という長期間の講座でも、チューターのフォローがあるので、遅刻や欠席の場合も講義内容が分からなくなることはありません。 シナリオ作家養成講座終了後のゼミナールについてのご相談など、技術面以外でもきめ細かいサポートを行うため、初めての方でも安心して受講いただけます。

はじめの一歩は、ここから踏みだせる。

 

技術という型が、あなたの創造力を自由にします。

シナリオ作家養成講座が修了すると、研修科ゼミナールにステップアップできます。仲間との出会い、30本のシナリオ課題が、基礎技術の定着を助けます。
ゼミナールについては、詳しくはこちらからご確認ください。

 

■ねらい
基礎技術の定着・映像描写の実際・感情がドラマを作ることの勉強
■ねらい
人間を描くこと・セリフの研究と構成・キャラクターとアイデアの実習
シナリオ・小説・マンガ原作、企画など多彩なジャンルに対応・ライターズバンクへの登録資格

■ねらい
基礎技術の定着・映像描写の実際・感情がドラマを作ることの勉強

■ねらい
人間を描くこと・セリフの研究と構成・キャラクターとアイデアの実習

シナリオ・小説・マンガ原作、企画など多彩なジャンルに対応・ライターズバンクへの登録資格

    • 「ゼミナール研修科」:入科金10,000円 授業料8,500円/月
      セリフやキャラクターなど、人間を描く力をさらに身につけていきます。20枚シナリオの課題に添って30本習作を書き、朗読します。ゼミ仲間から感想をもらい、講師からアドバイスを受けます。

 

    • 「作家集団」:入科金10,000円 授業料8,500円/月4回 ・ 5,000円/月2回
      コンクール作品の執筆等、プロへの足がかりを作ります。ライターズバンクへの登録が可能です。 長編シナリオやコンクール応募作品などの作品を書いて、添削を受けます。

 

※ゼミナールの授業料には、「月刊シナリオ教室」の購読料(700円)が含まれます。

※ゼミナールを1ヶ月全てご欠席の場合は、在籍料として3,000円を頂いています。「月刊シナリオ教室」の購読料も含まれます。ご欠席の際は、事務局までご連絡ください。

 

 

「シナリオ作家養成講座」受講料のお支払い方法について

現金、または銀行振込、郵便振替にてお支払いください。振込先については、案内請求をして頂き「募集要項」をご確認頂くか、お電話でお問合せください。開講間近の場合は、直接シナリオ・センター事務局にて、開講日に現金でお支払いください。
カードでのお支払いはできませんので、ご了承ください。

「シナリオ作家養成講座」お申込特典について

【早期割引】【説明会割引】【ワークショップ割引】【学生割引】のいずれかに該当する方は、入学金5,000円が割引となります。

・早期割引:無料説明会の前日までにお申込、お支払の方
・説明会割引:無料説明会の当日にお申込の方     無料説明会についてはこちらから
・ワークショップ割引:ワークショップの当日にお申込の方  ワークショップについてはこちらから
・学生割引:学生の方(学生証の提示をお願いします)

※特典の併用はできません。
※分割でのお支払いの場合は、分割手数料5,000円が別途お支払となります。

「シナリオ作家養成講座」分割での受講料の支払い方法について

シナリオ作家養成講座の分割は、入学金5,000円、授業料90,000円に加え、分割手数料5,000円が加わり、100,000円になります。
お支払方法は、【初回25,000円・翌月から25,000円×3回】または、【初回50,000円・翌月から25,000円×2回】が原則となります。その他のお支払方法をご希望の方は、お気軽にご相談ください。

 

 

はじめの一歩は、ここから踏みだせる。

ceeport

【留意事項】
※授業内容にの著作権は㈱シナリオ・センターに帰属しており、第三者への提供はお断りします。
※ご記入いただきましたお客様の個人情報は、当講座のお申込に関する確認・連絡、その他講座のご案内をお送りさせて頂く際に利用させて頂きます。
※受講料については、ご欠席の日程がございましてもご返金いたしかねます。

 

開講のお知らせ

shoseki06
この髪型にしたい!はっきりイメージがあるのに、伝えるのは難しい。
2016.9.24
なかなかどうして、頭の中にあるイメージを、相手に伝えるのは難しいものです。美容院に行くたびにそう思う、シナリオ・センターの新井です。「伝える」と「伝わる」は違うことだと、よく言われます。特に、ビジネス...